読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dance Messenger Madoka

ー世界各国を旅するダンサーー

自らを失わないように踊る

ダンス 表現
自分が正しいと思うことをする。どっちにしろ、人は批判するのだから。
 

どれだけすごいことをしたか比べに少しうんざりで

友達の数が多ければ人生が豊かになるなんてことはない。

 

誰に対しても友達である人って、実は誰に対しても友達でなかったりする。

 

今年、25才。踊り続けて22年。

 

苦しかった時期を経て、振り返ると、私はたくさんの夢を叶えてきたんだなぁと感じる。

だらだらお喋りするためのものや、寂しいからというようなものには

興味がなくなっている。

私は踊ることが大好き。

話すより、説明するよりも、これが自分なんだってこと、自分でわかる気がする。

自分にとって大事な表現。今の私の人生の仕事。

 

日本にはもう自分の踊る場所がないと色んな意味で感じる。

 

アフリカで踊った時の感動や、

私のダンスで涙を流してくれた世界の人々、

世界各国で〝踊りを感じた自分〟を自分がわかっている。

 

そして夢より大事な人ができた。そんな自分を今、誇らしく思う。

余計なものをすべて手放して

身軽に、シンプルに、大胆に、

愛する人と共に生きていきたい。

 

I Dance, otherwise I am lost.

I do what I think is right.

But either way people judge.

 

I am a little fed up with comparing the amazing things people did and

an abundant number of friends  does not make life abundant.

 

People who will be friends with anyone actually aren’t friends with anyone.


I am 25 this year. 

I have continued to dance for 22 years.

 

Having been through painful times,
I look back and notice that many of my dreams have come true.

 

I’m not interested in talking
for the sake of talking or doing things for the sake of not being alone.

 

I love dance. 
More than speaking, more than explaining, this is how I know who I am.

 

For me, it is important expression.

 It is now my life’s work.

 

I feel clearly that there is no place for my dance in hometown.

 

From the passion I felt when I danced in Africa
and the tears people cried when I danced around the world
I understand the “me” who feels through dance.

 

 

And I have found people more important to me than dreams.  

I am now proud of myself for that.

 

 I am letting go of all unnecessary things
and lightly, simply, boldly face life together with the person I love.

 

 

 

by Dancer MADOKA