読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dance Messenger Madoka

ー世界各国を旅するダンサーー

あの有名なTEDにダンサー出演決定!!!

さて、再びカナダへ行くことになりました。

なんと、あの有名なTEDにダンサー出演が決まりました。

バンクーバーにて。

f:id:dancermadoka:20150306000108p:plain

ダンスチームHeart Mind Bodyと一緒です。

 

TED出演前はたくさんのダンサーたちとセッション。

周りで見ている人もいい顔してる。

それから、マイケルジャクソン スリラーの出演。

当日はカナダテレビのCBCにも取材されました。

知らないことを知らない誰かと体験する楽しさがここにある。

マイケルが亡くなってからも毎年200人以上集まるイベント。

メイクもゾンビメイクで。

 

 

 

今回のカナダもダンス出演のオファーをいくつかいただき忙しくしていました。

 

そうそう、そういえば最近、「茶色の朝」という本を読んだ。

 

変えていかなければいけないことと
変えずにありのままで居続けることの
そのバランスの狭間で生きている。

 

 

「茶色に守られた安心、それも悪くない。」と思う人が今も昔も変わらずにいる。

 

茶色に守られた安心とは?茶色の人生とは?

ひとつの価値観しか認めない社会に向かって世界が進んでいる不安。

 

“その時は私の胸が痛んだが、人というのはあっさりと早く忘れてしまうもの”

“この国の茶色の常識を守ってさえいれば全てこれまで通り安泰だ、簡単なことなのだ”

と思考を停止させる恐ろしさ。

 

忙しいから、楽だから、今が安全だから、何も被害ないから、無関係だから、
そうやって声をあげずにやり過ごした日々と


だけど何を?どうやって?言い訳ばかり。

 

この本の主人公は紛れもなく「私たち」。
じゃあ、私たちとは?

 

すごく短い15分あれば読める本。でもそれ以上に考えさせられる本だった。

 

今、私の人生で見つけた世界でたったひとつ。

それを失いたくない。

私は誰と生きていくかを自分の手で掴みたいから

考えることを放棄しない。

 

そんなことを思うカナダの1ヶ月でした。

 

 

 ★☆★☆★☆★過去記事もどうぞ☆★☆★☆★☆★

 

同性愛者やトランスジェンダーなどを含めて、性別に対する考え方に対して向き合う日。 - Dance Messenger Madoka

生きていて感動する瞬間って人生に何回あるのか、また人を何回感動させることができるのか。 - Dance Messenger Madoka

不登校だった私の人生の作り方 - Dance Messenger Madoka

 

★☆★☆★☆★ダンス映像チェックしてみてね☆★☆★☆★☆★


平和を希求するダンスメッセンジャー“MADOKA SUZUKI”の超越した表現に世界 が涙したわけは? | FINEPLAY

 


Madoka Suzuki - YouTube

by Dancer MADOKA