読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dance Messenger Madoka

ー世界各国を旅するダンサーー

"社会に通用する人間になるため"に人は生まれてきたわけじゃないと思うから、逃げることが悪いことだなんてこれっぽっちも思わない。

1年前とは違う場所に住み、1年前には知らなかった人が自分の周りにいて、 3年前とは違うことをして、5年前とは違う気持ちで今ここにいる。 Photo by Tanabe + Photography 少し前のみのりさんの記事で心揺さぶられた。 何かがうまくいってない時って感謝を忘…

どのくらいの人が自分のダンスだけで"本当の私"を理解するだろうか。 それとも"理解した"という錯覚の世界に引きずり込めるだろうか。

先日カナダで行われた日系スタータレントコンテスト。 "最も記憶に残るパフォーマンス"日系賞を受賞しました! オーディション、セミファイナル、ファイナルを勝ち抜いての受賞だった。 賞品はバイクでした!! ダンスはその人の在り方で大きく変わってくる…

踊りながら世界を旅しようと決めたのは、社会に絶望を抱えていたから。

私は誰なのか? 私はなぜ踊るのか? 人はなぜ踊るのか? 【ダンス映像URLー再生回数1900回超え。ありがとう。】 私が踊る意味 -I dance meaning- - YouTube 〜なぜ世界の人々は踊る?〜Why people around the world dance?@UWC - YouTube 私の旅はそこから始…

不登校だった私の人生の作り方

何を隠そう私は小学校5年生の時、不登校でした。 当時、今でも覚えている母が言った言葉。 ー学校以外に学べる場所はたくさんある。 "学校に行かない"という選択をすることのほうが勇気がある行動なんだからー 不登校にも色々な背景があると思うが、 私の場…

生きていて感動する瞬間って人生に何回あるのか、また人を何回感動させることができるのか。

しばらくぶりです。 スポーツメディアFINEPLAYにダンス映像と記事が掲載されました。 現在、週間ランキング一位!是非ご覧ください。 平和を希求するダンスメッセンジャー“MADOKA SUZUKI”の超越した表現に世界 が涙したわけは? | FINEPLAY シェアしてくださ…

感情と表現のど真ん中

先日、たまたま入ったカフェでダンス新聞を見つけ、 今週がダンス週間ということを知りました。 カナダではどんな基礎をベースにダンスを教えるのか気になったので 経験のためにヒップホップレッスンに行ってきました。 レセプションはこんな感じ。 スタジオ…

"もくてき"があるからこそ苦しい時がある

"もくてき" があるから人って生きていける。 見たいもの、めざしたい自分、やってみたいこととか。 だけど、 だけど、逆に"もくてき"があるからこそ苦しい時もある。 そのめざすべき場所に辿り着けないときに 苦しいと感じていた昔の自分。 夢を叶えたいけど…

誰かの人生を知ることで見えてくるもの

人はなぜ踊るのか?をテーマで映像を作りました。 ダンスという表現を通して、彼らの価値観を知り、彼らの文化を知り、 彼らの人生を知る。 【なぜ人は踊る?ー再生回数1500回ー】 Why people around the world dance?-世界中の人々 ... 私が今、住んでいる…

知らない文化を理解する日

土曜日はRegional Day。 様々なワークショップが開催され、自分たちの文化を紹介しあう日です。今回はアフリカ大陸の文化ということで、食事も一日中、アフリカ料理。 ワークショップは スワヒリ語、ダンス、コンロー、フェイスペイントなど。 食堂にはアフ…

形から入って満足するのは意味がない

今週の土曜日はAfrica Dayでナイジェリア出身のTonnyと ナイジェリアヒップホップ。 それから先週は"Dance for Peace"を企画。私が踊りながら旅をしてきて、感じたこと。 "正しいダンサー"や"間違っているダンサー"なんて存在しないってこと。 誰もが自由に…

物じゃなく技術を仕事にするということ

今まで訪れた国、合計で約20カ国。 どの国にも音楽があったし伝統的なダンスやアートが残っていた。 自分は誰なのか?なぜここにいるのか?どこへ向かうのか?答えがありそうでない、答えがなさそうであるような、 抽象的なものを求めて 踊りながら約20カ国…

ダンスの発表会と旅立ちの決意

地元のスタジオがオープンして秋で8ヶ月。 世界一周を終えて茨城でダンスクラスを受け持って1年半。 たくさんの感情と共に動いてきた。 正直、1年前の子どもたちには なんてワガママな子どもばかりなんだーーーーと心が折れそうだった。 その感情だったり …

自らを失わないように踊る

自分が正しいと思うことをする。どっちにしろ、人は批判するのだから。 どれだけすごいことをしたか比べに少しうんざりで 友達の数が多ければ人生が豊かになるなんてことはない。 誰に対しても友達である人って、実は誰に対しても友達でなかったりする。 今…

安定と変化を繰り返しながら

ご縁あって、小さいながら地元でスタジオArtfolioがオープン。 壁には大きなフラメンコダンサーの油絵が飾られ、 生徒さんの一人がタラブッカという太鼓ができる方だったので、即興コラボをしました! ”失敗するのは怖いけど 一番怖いのは昨日と同じような未…

卍LINE出演イベントにゲスト出演決定

窪塚洋介(卍LINE)出演のイベント(コドナ計画)に 自分自身もアーティストとして 同じステージで表現してきました。 人間でいる限り、ありのままには生きられない不自由さがある。ありのままに生きることを求める魂の姿そのものがアートなんだと思う。 だから…

あの有名なTEDにダンサー出演決定!!!

さて、再びカナダへ行くことになりました。 なんと、あの有名なTEDにダンサー出演が決まりました。 バンクーバーにて。 ダンスチームHeart Mind Bodyと一緒です。 TED出演前はたくさんのダンサーたちとセッション。 周りで見ている人もいい顔してる。 それか…

影のほうが少し多い自分だった

ステージで20年スポットライトを浴びてきたけど、光だけの人生じゃなかった。 影のほうが少し多い自分だった。 救いようのない日々を過ごして孤独に押しつぶされそうで 理由があってもなくても涙が出る日だってあって それから旅をして色んな国の「当たり前…

カンボジアにダンサーとして行くことが決定

カンボジア政府認定事業ダンサーに選ばれて、 8月2日~7日"カンボジア・アジア・コレクション"というステージの活動でステージで踊りました。 カンボジアアジアコレクションは日本・カンボジア友好60周年記念のステージで、 主に孤児院の子どもたちの表現す…

子どもたちに伝えたいこと

人はなぜ踊るのか?を探求しにアフリカ南米を訪れ、帰国。 世界一周帰国後、カナダに訪れ帰国。 踊りながら旅をしていく中で 「私はダンスが好きなんだ〜。」とアフリカの地で震えたのを今でも覚えている。 "どれだけすごいことをしたか比べ" や、 ステータ…

踊り続けたカナダでの生活

1ヶ月カナダに滞在していた日々のこと。 カナダのバンクーバーの路上で踊っていたら通りすがりの人がダンスに感動したからあげるってお花をプレゼントしてくれた。 感動・・・・!!!! 表現したことでまた表現がかえってくる。 どこで踊っても、表現を尊重…

世界一周を終えて、次に向かった国

"人はなぜ踊るのか?" "自分は誰なのか?" そんな探究の世界一周を終えて、 カナダに行くチャンスがやってきました。 世界一周ダンス映像はこちら↓ 再生回数1800回突破! 世界一周-Dance around the world- - YouTube なぜカナダへ行くことになったのか少しキ…

by Dancer MADOKA