読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dance Messenger Madoka

ー世界各国を旅するダンサーー

"社会に通用する人間になるため"に人は生まれてきたわけじゃないと思うから、逃げることが悪いことだなんてこれっぽっちも思わない。

1年前とは違う場所に住み、1年前には知らなかった人が自分の周りにいて、 3年前とは違うことをして、5年前とは違う気持ちで今ここにいる。 Photo by Tanabe + Photography 少し前のみのりさんの記事で心揺さぶられた。 何かがうまくいってない時って感謝を忘…

どのくらいの人が自分のダンスだけで"本当の私"を理解するだろうか。 それとも"理解した"という錯覚の世界に引きずり込めるだろうか。

先日カナダで行われた日系スタータレントコンテスト。 "最も記憶に残るパフォーマンス"日系賞を受賞しました! オーディション、セミファイナル、ファイナルを勝ち抜いての受賞だった。 賞品はバイクでした!! ダンスはその人の在り方で大きく変わってくる…

踊りながら世界を旅しようと決めたのは、社会に絶望を抱えていたから。

私は誰なのか? 私はなぜ踊るのか? 人はなぜ踊るのか? 【ダンス映像URLー再生回数1900回超え。ありがとう。】 私が踊る意味 -I dance meaning- - YouTube 〜なぜ世界の人々は踊る?〜Why people around the world dance?@UWC - YouTube 私の旅はそこから始…

生きていて感動する瞬間って人生に何回あるのか、また人を何回感動させることができるのか。

しばらくぶりです。 スポーツメディアFINEPLAYにダンス映像と記事が掲載されました。 現在、週間ランキング一位!是非ご覧ください。 平和を希求するダンスメッセンジャー“MADOKA SUZUKI”の超越した表現に世界 が涙したわけは? | FINEPLAY シェアしてくださ…

本当に変化をもたらしたいなら実現できる

前回のブログで"人間のエゴによって生まれた小さな戦争" について書きましたが、無事に解決しました。 この村では世界100カ国の人が住んでるけど、 やはり英語が喋れる人が強い力を持つし、 言葉で表現できる人が権力を持つことがある。 何か問題が起きたら …

人間のエゴによって起きた小さな戦争

ダイヤモンドが欲しい人間の欲によって生まれたエゴ。 ダイヤモンドを奪うために巻き込まれ、 そのエゴによって傷つく人や犠牲になる人が出てきた。 もちろん実際にはダイヤモンドじゃないのだけれど。 今日のできごとはなんかモヤモヤするなーって 感情がお…

知らない文化を理解する日

土曜日はRegional Day。 様々なワークショップが開催され、自分たちの文化を紹介しあう日です。今回はアフリカ大陸の文化ということで、食事も一日中、アフリカ料理。 ワークショップは スワヒリ語、ダンス、コンロー、フェイスペイントなど。 食堂にはアフ…

形から入って満足するのは意味がない

今週の土曜日はAfrica Dayでナイジェリア出身のTonnyと ナイジェリアヒップホップ。 それから先週は"Dance for Peace"を企画。私が踊りながら旅をしてきて、感じたこと。 "正しいダンサー"や"間違っているダンサー"なんて存在しないってこと。 誰もが自由に…

それぞれが異なることが当たり前

カナダに来て1週間とちょっと。 苦手な入国審査も終えて、無事に着きました!! つくづく思うけど、この世界はある一定の人に生きやすくできている。 日本人ブランドは少なからず存在すると思うけれど。 言語(読み書きや話せること)が中心となっている世界…

あの有名なTEDにダンサー出演決定!!!

さて、再びカナダへ行くことになりました。 なんと、あの有名なTEDにダンサー出演が決まりました。 バンクーバーにて。 ダンスチームHeart Mind Bodyと一緒です。 TED出演前はたくさんのダンサーたちとセッション。 周りで見ている人もいい顔してる。 それか…

踊り続けたカナダでの生活

1ヶ月カナダに滞在していた日々のこと。 カナダのバンクーバーの路上で踊っていたら通りすがりの人がダンスに感動したからあげるってお花をプレゼントしてくれた。 感動・・・・!!!! 表現したことでまた表現がかえってくる。 どこで踊っても、表現を尊重…

世界一周を終えて、次に向かった国

"人はなぜ踊るのか?" "自分は誰なのか?" そんな探究の世界一周を終えて、 カナダに行くチャンスがやってきました。 世界一周ダンス映像はこちら↓ 再生回数1800回突破! 世界一周-Dance around the world- - YouTube なぜカナダへ行くことになったのか少しキ…

by Dancer MADOKA