Dance Messenger Madoka

ー世界各国を旅するダンサーー

これからも旅に出よう。今までの自分を壊すために。

https://www.instagram.com/p/BVyXbHShimD/

 

先日、ヨーロッパを訪れていました。

訪れた国はイギリス、ウェールズ、フランス。

 

 

久しぶりのブログなので何から書いていいかわからないですが、書いてみようと。

 

イギリス、ロンドンに着いて早々、風邪を引いてホテルで寝込んで

その後もなんだかんだ体調悪かったけど、

初のヨーロッパでやっぱりテンションが上がりました。

 

ロンドンのWaterloo駅のガード下にあるリークストリートトンネル

 

天井のアートはZABOUの作品。

f:id:dancermadoka:20170629010431j:plain@Leake Street Tunnnel 

 

 

2008年のカンズフェスティバルが開催された場所でもあります。

f:id:dancermadoka:20170629010440j:plain @Leake Street Tunnnel

 

  

その後はポートベロロード(Portobello Road)を歩いて

f:id:dancermadoka:20170707050347p:plain

@Portobello Road 

 

 

念願のBanksyのアートまで辿り着いた。

https://www.instagram.com/p/BVnMGSIhHJV/@Portobello Road,London

 

 Banksyの描くアートは

手榴弾ではなく花束を投げるアートだったりと社会風刺が入ってるのが特徴。

 

"楽しい"という言葉をあえて使わずに

楽しさを表現できることだったり、

 

怒っている時に暴力を使わずに

訴えられることだったり、

 

それは間違いなくアートの魅力のひとつ。

 

ストリートアートは常に変わりゆく。

その時にしか見られないアートがそこにある。

それはストリートの宿命なのかもしれない。

 

 オックスフォードはロンドンからバスで2時間。

f:id:dancermadoka:20170629022605j:plain@Oxford 

 

その後、5時間かけてウェールズに移動。

 

本来の目的、UWCのアトランティックカレッジで行われた会議に

パートナーと出席するために。

 

もがき苦しんだ10代、自分の未来なんて全く想像できなかった。

 

気づいた時には大人になっていて、

子どものまま大人になってしまったな、という感覚が今でも実は結構ある。

 


というよりも、

 

 

自分が子どもだった時は、周りよりも大人な気がしていて、

自分が大人になってしまった今は、周りよりも子どもな気がしている。

そんな自分が学校の会議に参加。

 
各国の先生たちが集まり、

英語を母国語としない生徒をどのようにサポートしていく必要があるかを話し合った。

 

 

そこで紹介されていたのがこの動画。

www.youtube.com

 

少し説明すると、


スペイン語を第一言語とする男の子から見える視点で

英語で受ける授業の様子が映し出されている映像になっている。

 

この動画を見終わった後に、

各国の先生たちが彼は何を必要としていたのかを考える。

 

日本の学校教育が疑問だった10代、

大人も、学校も、先生も、嫌いで仕方なかった。

 

野球バットで殴られる体罰、無意味な服装のルール。

誰がどんな気持ちでいるか感情については話さない。

 

でも、今自分が目にした学校教育の在り方は、正反対だった。

 

先生たちが本気で生徒の気持ちを考え、

どのようにサポートする必要があるのかを国際会議レベルで話し合う。

f:id:dancermadoka:20170706071908j:plain@UWC conferrence

 

胸が熱くなった。

 

本部はお城として使われていた場所を

カレッジとして今は使っている。

 

これが高校の入り口付近。

f:id:dancermadoka:20170706072412j:plain@Atlantic College  

 

もうなんていうか、ハリーポッターの世界。

https://www.instagram.com/p/BWGIjcIhRWF/@Atlantic College  

 

 

この国際学校UWCでは世界80ヶ国の高校生と共に暮らし、学ぶ環境がある。

 

国と国どうしでは対立していても、友達になれるチャンスがある。

知らず知らずに形成されてしまった思い込みや偏見を壊して

新しい自分の価値観を作れるチャンスがある。

 

今年9月から私は

「人種、性別、貧富、国籍に関わらず、すべての人が平等であるべき」

という概念を持つUWCのカナダ校で

ハウスペアレンツになることが決まりました。

 

自分とは全く異なる環境で育った人たちと過ごす環境の中で

得られるものがそこにある。

f:id:dancermadoka:20150309171932j:plain

 @Pearson College

 

 

そして私たちは二日間のワークショップやプレゼンを終えて、フランスへ。

https://www.instagram.com/p/BVx86fGhsnE/@The Eiffiel Tower 

 

テンション上がる。

f:id:dancermadoka:20170706082020j:plain@The Eiffiel Tower 

 

実は電車の切符を買う時に

お金を騙し取られてしまった。

 

日本円でいうと約1万円。

騙されたことにはその時すぐに気づかなかった。

 

一瞬、マジでパリを嫌いになりかけた。

 

でも街並みが歴史を表していて、

f:id:dancermadoka:20170706083730j:plain@Le Marais

 

 めちゃくちゃいい天気だったし

f:id:dancermadoka:20170706093319j:plain@凱旋門

 

 

歩き回ったらレインボーの横断歩道が

f:id:dancermadoka:20170706084007j:plain@Le Marais

 

 


ピカソ美術館も行きたかったけど着いた時には閉まっていた。

 

他にもパリに訪れたら行っとくべき美術館とかあったけど

今回は時間の関係上断念。

 

というか、

目的地をあまり決めずに歩いてたら思ったより時間がなくなったのもあるし、

路上が素敵すぎた。

 

その一つが

見たかった路上アーティストのグレゴスのマスク。

f:id:dancermadoka:20170706084127j:plain@Le Marais 

 

個人的に美術館に飾られている絵よりも、

その時にしか見られない路上グラフティや

誰が描いたか知りえないアートにすごく魅力を感じる。

 

f:id:dancermadoka:20170706084204j:plain@Le Marais by Gregous Art

 

 河川敷とか薄汚い路地に溶け込んでいたり、

人々が行き交うストリートにある存在感溢れるアート。

https://www.instagram.com/p/BV2nOIOBeY1/@Le Marais

 

偶然発見できた素敵なレストランも。

f:id:dancermadoka:20170706175100j:plain

 

 なんか街自体が美術館みたい。

 

そんなアートの前で踊った今回の作品。

 

やっぱり旅が好き。ダンスが好き。

 

見たことない景色が見れるから。

f:id:dancermadoka:20170706092947j:plain@Le Marais

 

 

圧倒される景色の中で踊った感動や

https://www.instagram.com/p/BQJW1s2Djx9/@Dinosour Park

 

 

誰かと踊りたくても出会いがなかった孤独さや

https://www.instagram.com/p/BNz6ePgDzzo/@Weirs Beach

 

 

自分のダンスを見ず知らずの人に感動してもらえた喜びや

https://www.instagram.com/p/4ku2p4E1dn/@Mauritious

誰かと一緒に踊れることの幸せ、

https://www.instagram.com/p/BPTd-2wjOY-/@Movement Dance Studio

 

旅を通して、ダンスを通して、

いろんな感情に出会える。

 

全く違う国に行って

自分のことを誰も知らない人に出会って

古い価値観を壊して新しい価値観を作る過程。

 

そんな瞬間が好きなのかもしれない。

 

生きていて感動することは滅多にないから。

 

そういうのを経験することで

自分の本当にやりたいことが見えてくる。

 新しいことを感じることで

想像力が膨らむ。

 

みんなと同じじゃやっぱりつまらない。

 

これからは

クリエイティブさとクレイジーさが求められる時代。

 

ちょっとくらいワガママに生きたっていい。

 

だから、これからも旅に出ようと思った。

今までの自分を壊すために。

 

 

 

最後に二つのお知らせ。

 

NHK番組「旅旅しつれいします。」の旅人図鑑No.37に

掲載されました!

f:id:dancermadoka:20170707050217p:plain

 

テーマを持って旅をしている人にフォーカスした番組になっているところが

すごく好きです。

 


そしてもう一つ。
LGBTの働くをサポートする会社JobRainbowの社長の星賢人さんに

インタビューしていただきました。

以前こんな言葉を目にした。

 

「多様性!!!」と声高に叫びながら

レインボービームを放ったりするのがそんな人達の間では流行っている。

 

別に"流行り"で人を愛しているんじゃない。

そんなわけがない。

 

愛する人を愛せる世界になればいいと思う。

もう誰かの目なんか気にしていられない。

 

もし自分がいる場所に

自分の居場所が見出せない人がそこにいるなら

思い切ってその場所を離れた方がいい。

 

そしたら何か見つかるかも。

大事な何かが。

 


次回は最近のダンススタジオの様子を書きたいと思います。
お楽しみに。

f:id:dancermadoka:20170706154858j:plainPhoto by Tanabe + Photography  

 


-
Follow me-

 

過去記事


 

by Dancer MADOKA